女の人

カーナビを取り付けるならプロに任せよう!

簡単なものは安い

車に乗る家族

2万程度から

万が一事故にあったときにその状況を記録することができるものとして利用者を増やしているのがドライブレコーダーです。デジタル技術の進化によって小さくて簡単に取り付けをすることができるものが増加をしており、画像も鮮明になっているので状況を伝えるものとして十分に機能をすることができます。ドライブレコーダーを取り付ける方法としては大きく2つに分けることができます。1つは個人で簡単に取り付けをすることができるもので車のフロントガラス部分に張り付けたり、ダッシュボードに載せるだけのドライブレコーダーがあります。価格は1万円から2万円程度で販売をされており、機能としては単純に画像を記録しているだけのものになっています。ハードディスクが小型のために2時間程度の記録しかできないものが多いですが、古いものから順に上書きをしていく仕組みになっているので事故をしたときの画像などは数時間前から記録がしっかりと残ります。取り付けが簡単で価格が安いので人気があります。本格的なドライブレコーダーは自動車のタイヤと連動をさせるタイプのドライブレコーダーです。これは自動車メーカーに取り付けをしてもらうことになるので高額になります。ただし、一般的なドライブレコーダーとは異なり、画像の記録だけでなく、走行のスピードや休憩時間なども記録されるようになっています。トラックドライバーの労務管理をするのにはとても便利な機能として採用されています。